ブログ

厚労大臣 原告に会って、話を聞け!

昼休みの時間に厚労省前宣伝をおこない、政治的解決に向けて、田村厚労大臣は原告と面談を行うように訴えました。

わたしも「泉南市長と泉南市議会議長は毎年、厚労省に泉南アスベスト被害の早期の解決・救済を求める要請を行っている。泉南市議会では8年間に6回の早期解決・救済を求める意見書を全会一致で可決している。

厚労大臣は早期解決・救済のために、原告に会わなければならない」と訴えました。

 

 

 

 

 

 堀口府会議員(泉南市選出)も同様に訴えました。

その後、全会派の参議院議員への要請活動、原告らと一緒に座り込みを行いました。

厚労省前で宣伝

8時から原告・弁護団・支援者とともに厚労省前と官邸前で、「泉南アスベスト早期救済・原告勝訴・・大阪高裁(2陣)、国を断罪」のビラ配布。

10時からは宣伝。泉南市と泉南市議会のアスベスト被害の早期解決を求める運動を紹介し、国の責任を訴えました。堀口府議(泉南市選出)も府議会での活動を報告しました。

原告らは厚労省まで座り込みを始めました。

厚労大臣は、被害者との面談を、上告するか検討中なので拒否しています。

命を削って頑張っている人にあまりにもむごい仕打ちです。

 

 

 

 

 

 

 

上告断念、早期解決のお願い

BIGなクリスマスプレゼント・・泉南アスベスト訴訟

泉南アスベスト国賠訴訟・第2陣高裁判決があり、国の違法を断罪する判決が下りました。

1陣、2陣訴訟の大阪地裁判決に続き、三度、国の責任を認めたものです。

裁判は7年半に及び、1陣、2陣訴訟の原告のうち12名が裁判中に亡くなりました。生存原告も高齢化と病気の進行、重篤化に苦しんでいます。

「命のあるうちに解決を」は原告らの切実な譲ることのできない願いです。

国は自らの責任を認め、原告ら被害者に謝罪し、正当な賠償金を支払うこと、そして、泉南アスベスト被害者全員の早期救済を応じることを強く要望します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日 判決・・・泉南アスベスト国賠訴訟

今日は泉南アスベスト国賠訴訟の判決です。
 
大阪での判決のあと原告(被害者)、弁護団と一緒に東京に2泊3日で行きます。
裁判で勝利(を確信しています)し、「国は上告するな」と厚労省に訴えに行きます。
また、国会議員を訪問し、「原告・被害者と話し合い、早期の救済・解決を政治の力で」
と訴えます。
 
原告らは病気や高齢を押して寒風のなか、座り込みの覚悟です。
 
一緒にがんばってきます。ご支援ご協力お願いします。

座布団 一枚!

昨日の笑点(日本テレビ系列 夜5時30分~)で

「気がつけば・・・・」という川柳をつくるという問題が出されました。

優秀な出来栄えで座布団をもらった答えは

・気がつけば 8% 消費税 (林家木久扇さん)

・気がつけば つくる法案 世論無視 (三遊亭円楽さん)

庶民の心を代弁したものです。