ブログ

「パリの無差別テロに対する意見書」を提案

12月議会で共産党は「パリの無差別テロに対し、日本国政府が国際社会と一致協力して、テロ根絶に早急に対応することを求める意見書(案)」を提案しました。

泉南市民の多くは、
◯パリの無差別テロ事件を徹底的に追及し、テロリストを追い詰めること。
◯無法なテロを世界から根絶すること。
◯法と正義にもとづき国際社会が力を尽くすこと。
を願っていると思います。

国際問題でも、市民の声を国政に届けることが大事だと思い、意見書を提案しました。

平尾氏(元ラグビー日本代表監督)の講演

元ラグビー日本代表監督の平尾誠二氏の講演=「気づかせて育てる」へ=(大阪府市議会議員研修会)を聞きました。

高校ラグビーの実話をもとにした学園ドラマ「スクールウォーズ」の裏話を縦糸に、教育論・リーダー論などを縦横無尽にお話しされました。

また、講演後の質疑応答で、平尾氏は安保法制で若者が声をあげたことを評価し、「民主主義の大事さ」や「マスマスコミ報道を疑って見る」ことを話されました。

面白く勉強になる講演でした。

サア 議会だ

 12月議会が3日から始まります。

一般質問通告書を出しました。大森の質問は以下の通り。

教育問題について             

 エアコンなど学校施設の整備・改修について

子ども医療費の充実について             

 子ども医療費助成制度(通院)の中3までの拡充について

保育・子育て支援について                           

 保育所の整備について

 支援制度の充実について

街づくりについて             

 内陸部の充実について

 買い物難民対策について

 新家駅前の整備と交通混雑解消について

商工業対策について          

 地元小売店への支援について

行財政改革について          

 市民目線での改革について

知事選の結果

知事選は残念な結果に終わりました。

昨晩はふて寝をして、疲れもとれました。気持ちを入れ替え、私たちの暮らしが良くなるように、引き続き頑張ります。

清水ただし日本共産党衆院議員のメッセージを紹介します。

大阪ダブル選挙で奮闘されたみなさん、本当にお疲れ様でした。また、他府県から支援に来ていただいたみなさんに、心から感謝申し上げます。

投票結果は残念なものとなりましたが、これで大阪市の廃止が決まったわけではありません。維新政治を終わらせて民主主義を取り戻すたたかいは、議会や地域でこれからも続いていくこととなります。

出口..調査によると大阪都構想に期待し、二重行政の解消を願うひとがまだたくさんおられることが分かりました。これらが嘘とペテンであることの説明を、僕たちは引き続きやっていけばいいと思うのです。

対立と分断を市民の中に持ち込み、破壊的創造なるものを唱える維新の政治手法を打ち砕くには、選挙期間中だけでなく、日常的な取り組みが欠かせないこともハッキリしたのではないでしょうか。

さぁ、今日からまた国政でも地方政治でも憲法と住民自治を守るたたかいに足を踏み出しましょう。

くりはら貴子知事候補の個人演説会に参加

昨晩、くりはら貴子知事候補の個人演説会が泉南で行われました。

応援弁士は竹中泉南市長、竹山堺市長、自民党国会議員。

共産党市会議員や無所属議員、地元医療関係者なども紹介され、反維新のオール大阪の集会となりました。

8年間の維新府政のもと、どれだけ府の活力が失われたか、良くわかりました。

まともな府政を取り戻すため、がんばりましょう。

エアコン署名 1149筆 提出

「小・中学校の全教室にエアコン設置を求める署名」1149筆を市長に提出しました。

9月議会では、私は以下の内容の質問を行いました。

1、市長は市長選挙で、学校の空調設置を公約している。公約を守れ。

2、国の補助金・市の基金を活用すれば、設置の財源は生まれる。

3、「すべての小・中学校にエアコン設置を求める決議案」が今議会で可決。この決議の重みを受け止めよ。

市長からは、前向きな答弁はありませんでしたが、市民と力を合わせ署名を積み上げ、早期の設置を求めて頑張ります。