ブログ

盛り上がった 議会報告会

共産党市会議員団の議会報告会を上村老人集会所で開催。4人の議員が議会質問や地域での活動を報告。

参加者からは、高齢化社会を迎えて市への要望などが出されました。議員と参加者が行政の在り方を話し合う、有意義な報告会になりました。

 

質問通告とアスベストの意見書に提出

3月議会が5日から始まります。今日は一般質問通告書と意見書案の提出日でした。

一般質問は①老朽校舎の建て替え・大規模改修について

     ②防災対策―食糧の備蓄など

     ③火葬場新設について

     ④子ども医療費の助成制度について

     ⑤アスベスト問題

     ⑥新家駅前に整備について

「大阪・泉南アスベスト国家賠償請求訴訟の早期解決を求める意見書(案)」は、公明党・拓進クラブ・心政クラブ・無所属議員(3名)ともに提案者になりました。 

 

 

リサイクル率の引き上げを

泉南清掃事務組合議会が開かれ、補正予算と来年度予算が全会一致で可決しました。

質疑では

  1. ごみ収集量の減少などによる負担金7千8百万円の繰り戻しについて、ごみに関する市民負担の削減に充てるべきである。

  2. 泉南市の府下30位(43市町村)の低いリサイクル率の引き上げを(大阪府は全国で最もリサイクル率が低い)

  3. ごみ焼却で発生する熱を利用して運営しているプール(サンエス温水プール)の安全対策と利用者を増やす方策を

などの質問をしました、

ほかに小山議員が施設の改修問題などの質問を行いました。

シネ・ヌーブォXでミニトーク

ドキュメンタリー映画「命て なんぼなん 泉南アスベスト禍と闘う」(原一男監督・67分)がシネ・ヌーブォX(地下鉄中央線九条駅 徒歩3分)で上映されています。

泉南アスベスト国賠訴訟原告の佐藤美代子さんと上映の休憩時間に客席を前にミニトークを行いました。

私は、泉南地域のアスベスト産業の歴史や支援団体や行政・議会の取り組みを話しました。

佐藤さんの夫はアスベストによる肺がんで、痩せこけて、まともに呼吸で出来ず、苦しんで苦しんで亡くなりました。夫を亡くした悲しさ、悔しさ、国や政治に対する怒りを話しました。

深刻な被害に心が痛み、国を相手に戦う原告や弁護団のがんばりに胸が打たれる映画です。

映画は37日まで上映しています。原告・弁護団がでて連日、ミニトークが行われます。是非、ご覧ください。詳しい上映スケジュールはシネ・ヌーブォXのHPでご覧ください。

アベノミクス波及に陰り・・消費税増税ストップを

寒風が吹く中(17日・夕)「大増税反対泉南連絡会」の宣伝・署名活動を新家駅まで行いました。

4月からの消費税8%値上げのストップを訴え、1時間の宣伝で47筆の署名を集めました。

「寒い中、ご苦労さん」「大金持ちから税金とってよ」などと、話しながら署名をしてくれました。

・・・・

夕刊各紙には1面で「GDP年率1.0%増 市場予測下回る 1012月」「公共投資効果減退」「アベノミクス波及に陰り」と報道されています。

見せかけの景気も、かけ声倒れになっています。

これで、消費税を増税したら、景気も暮らしも破壊されてしまいます。

最終解決まで、もうひと踏ん張り・・泉南アスベスト

16日新家公民館で泉南アスベスト原告団・弁護団の総会が行われました。

泉南市の竹中副市長、中尾議長(メッセージ)、堀口府会議員が来賓で参加、あいさつをしていただきました。

また、弁護士3人による「2陣高裁判決の肝」―この判決を多くの人に知ってもらいましょう―の鼎談も行われました。

この時期の総会は、例年「新春の集い」を兼ねて、歌あり、漫才ありの楽しい会議でした。

しかし、今回は国敗訴の2陣高裁判決に対し、不当上訴されたので、お笑いが少なめでしたが、勉強できたいい総会でした。