ブログ

小中学校の全教室にエアコン設置を

近年の都市の暑さは、都市化・温暖化の影響で、以前とは比較にならない程、厳しいものになっています。文部科学省の学校環境衛生基準は「教室は10度以上30度以下が望ましい」としています。しかし、エアコンが設置されていない教室では、この基準を超えることは明らかです。

中3教室のエアコン設置実現
今年の夏、全中学校の3年生の教室だけにエアコンが設置されました。その結果、中3の生徒は、昼休みや体育の後の授業でも集中するなど、大きな効果があがっています。また、夏休み中の学習にもエアコンが設置された教室が使われ、大変喜ばれています。

支援学級、図書室など特別教室のエアコン設置は急務
一方、学校図書室は10校中4小学校が、中学校では1校でエアコンが設置されていません。教育相談室は全小学校、1中学校が未設置です。支援学級では6小学校と2中学校で未設置のままです。普通教室のエアコン設置率は小学校で0%、中学校で40%です。

近隣では泉佐野市、高石市、田尻町で小、中学校の全教室でエアコンが設置されています。
文部科学省交付金等も活用して、計画的に整備することを強く求めました。

9月議会報告 №2 大森和夫の一般質問から

泉南市、4年連続の黒字・・福祉、教育に予算をまわせ

2013年度の泉南市一般会計の決算が出ました。4億6千万円の黒字となり、4年連続の黒字となりました。
「この黒字は財政難を理由に切り捨ててきた福祉・教育予算にまわせ」と市長に迫りました。
市民の多くが、泉南市は黒字だと知ると驚きます。

市に対し「教育施設・教育環境の改善、こども医療費の充実を求める」と「予算もないのに、できないことを言うな」という市民も少なくありません。
確かに、泉南市はムダな大型事業や放漫経営で借金を多く抱え、財政は楽ではありません。

しかし、真面目に財政状況を把握し、国などの補助制度を利用し、ムダ使い改めれば、市民サービスを充実することができます。
二言目には「予算がない」という人がいますが、そこで思考停止にならずに、知恵をだすことが大事です。
(9月議会報告・・大森和夫の一般質問から)

泉南アスベスト裁判・被害者にマスコミ殺到

いよいよ10月9日に泉南アスベスト国賠訴訟の最高裁判決が下されます。
「国民の命と健康」と「経済の発展」とどっちが大事か問われる裁判です。
命と健康が守られてこそ、国や経済が発展します。
勝利判決と被害者の早期全面解決目指して、原告団・弁護団・支援者が全力で頑張っています。

明朝、泉南アスベスト国賠訴訟の原告らが、泉南市長・議長・市議らを訪問します。
その様子をテレビなどマスコミが取材します。

原告らは、全てのアスベスト被害者が救済されるように、国会議員や地元議員に訴えています。公害に苦しむ被害者や多くの国民と共同の輪を広げています。

消費税率10%アップに反対する署名を集める

16日夕刻、大増税反対泉南地域連絡会が新家駅で「消費税率10%引き上げに反対する署名」を訴えました。「8%でも苦しいのに、10%は耐えられない」などと署名に応じてくれました。1時間足らずに35筆の署名が集まりました。

 「社会保障のため」と8 %に増税しながら、実際には、医療も介護も負担がふえるばかり。一方で、大企業減税は大盤ぶるまいです。しかも、その財源として中小企業への新たな増税計画(外形標準課税の拡大)まで─ウソとゴマカシの消費税増税。だまっていたら 10 %です。

「法人税を 20 %台に減税」「国民が納めた年金積立金で株を運用」「残業代・正社員ゼロに」─安倍政権が気にかけるのは大企業の株価アップだけ。庶民のくらしはおかまいなしです。

  大企業上位500社の利益は、この1 年間で22兆円に倍増しましたが、賃金アップはたったの1%。その一方、株の配当は20%増、役員報酬11%増、内部留保も1年で20兆円ふえています。「税金は負担能力に応じて」「内部留保の一部を賃上げに」─国民の所得をふやし、内需をふやしてこそ、経済も元気になるし、税収もふえて社会保障財源もつくりだせます。

日本共産党を語る集い

13日(土)、市内の喫茶店を借りきり、「清水ただしさんと語るつどい」(主催・党泉南市委員会)を行いました。

清水さんは、元大阪市議会議員。日本共産党の国政候補として奮闘しています。元松竹芸能の漫才師で、わかりやすく面白く政治の話をしてくれます。

消費税増税・集団自衛権・原発・沖縄の基地などの問題も、物まねやギャグを交えて話してくれました。清水さんのボケに突っ込みを入れる、大阪のおばちゃんもいて、笑いが絶えませんでした。

また、参加者の質問に答えて、カジノ誘致問題、消費税に代わる財源問題、消費税増税のためのデマ(福祉が良くなるとか、景気は悪くならないとか)について、分かりやすく説明してくれました。

35人が参加。清水さんの話を聞いて、お一人が日本共産党に入党してくれました。

 

 

臨時給付金の相談が増える

低所得世帯や子育て世帯を対象にした給付金の受け付けが、6月から始まりました。

消費税増税への対応というのが名目です。低所得・子育て世帯に1万円から、1回きりの給付金です。

増税の痛みが消えませんが、暮らしを守るために活用できる制度はフルに活用したいものです。

しかし、給付金をもらうための申請が複雑です。給付金のことを知らない人も沢山います。通知がきても、申請書の書き方がわからない人も少なくありません。そんな方から、相談を受けます。申請の期限は12月中旬です。お早目の相談を!

写真は「しんぶん赤旗 日曜版」(14年6月22日号・お役立ちトク報9