ブログ

子どもの権利条例案・商工業振興条例案の議案説明

一般質問が昨日終わり、議案の説明が行われています。自治基本条例(案)の説明に続き、今日は、子どもの権利に関する条例(案)、商工業振興条例(案)の説明があり、活発な質疑が行われました。

いずれの条例案も理念・目的の基本的なことが書かれています。この理念・目的を実現するために、市がどれだけ頑張れるかが、問われています。

議会は、これらの条例が単なるスローガンで終われないように、市政を監視し、叱咤激励しなくてはなりません。

また、これらの条例は市民が参加してできたものです。このような努力が報われるように議会も知恵を出したいです。

「子ども権利条例」案の前文には次のように書かれています。

・泉南市に生まれ育つすべての子どもが、「生まれてきて良かった」と心から思える「子どもにやさしいまち」を実現していくため、この条例を定めます。

・この「子どもにやさしいまち・せんなん」を実現していくためにあたっての原則と具体化の方向について、具体化の方向について、可能な限り明らかにするものです。

・条例の制定にあたり、泉南市の小学校が次の「泉南・子ども・憲章案」を起草しました。
 

「私たちは 泉南の子どもです。
 私たちは、子どもの平和のために3日間かけて話し合いました。
                         (中略)
 私たちは、他のひとの気持ちや意見をきくことを大切にします。」

プール事故の質問が毎日新聞に掲載される

先日の一般質問が今朝の毎日新聞に載りました。「泉南市議会・プール開放再開で質疑」「安全面で不安」という見出しの記事です。

質問で、プール事故を防げなかった背景に、安全性を無視した教育予算の削減にあると市長を追及しました。また、プールの安全性を確保するために、AEDの設置・事故のあった砂川小学校の大プールと小プールの間を仕切る柵を設置・ライフセーバーによる監視員の研修・砂川小学校プールのペンキの塗り替えなどの予算措置を求めました。

「飲酒検問、水増し容疑」で市長に要望

7日の私の一般質問の冒頭に、「泉南署の警部補が飲酒検問の際、アルコールの検出値を水増した容疑で逮捕された。飲酒検問を行った場所は、新家駅交差点である。この検問については当時から苦情が多くあった。

警部補は容疑を否認しているが、事実関係が明らかになりしだい、住民に不利益がないように市長から、警察に要望をして欲しい」と述べました。

市長は「昼休みに、泉南署長からお詫びの電話があった。市民に不利益が及ばないようする」旨の答弁がありました。

Page 136 of 136« First...102030132133134135136