ブログ

大阪青年トークセッションのお誘い 緑の募金

知り合いの青年に「大阪青年トークセッション」のお誘いに行きました。

フランスやギリシャでも、就職問題や高学費も問題で青年が立ち上がり、政治を変えています。

日本でも「人間をモノのように扱う」非正規労働者の首切りに青年が闘っています。

「原発ゼロ」の運動では、青年はツィッターで呼びかけパレードを行っています。小さな子どものいるパパやママも、「放射能から子どもを守ろう」と草の根の運動を起こしています。

青年を苦しめる「自己責任」論の問題点を明らかにし、青年の未来に展望を示す志位さんの話を多くの人に聞いて欲しいと思います。

志位さんは、スケールの大きな世界の動き、未来の話してくれます。

 

泉南市から会場に行くバスもでます。バスの利用を希望される方はご連絡ください。

夕方、新家駅で地元中学校の生徒会が「緑の募金」を行っていました。いつも災害時の募金集めに協力してもらっているので、今日は多めに募金をしました。

維新の会とアスベスト被害者が懇談

7日、泉南アスベスト国賠訴訟の原告9名、弁護団2名、市民の会2名と、大阪維新の会の今井幹事長(貝塚)、大橋政調会長(泉大津)、堀口氏(泉南)、土井氏(阪南)の府会議員との懇談が行われました。

維新の会からはこれから検討して、アスベスト被害者の早期救済の運動に前向きに取り組みたい、という回答があったそうです。堀口議員はやる気満々、今井幹事長はまじめなで信頼できる、と原告らは喜んでいたそうです。

超党派の国会議員や泉南・阪南市長や議会の支援とともに、府下的な支援の輪が広がるように私も頑張りたいと思います。

今日は一日、市役所で書類の整理などのデスクワークでした。晩は佐野高校創立110年記念行事の会議に後援会の代表として出席します。

結局、プールの一般開放は中止・・無責任な市の対応

総務文教常任委員会で、市はプールの運営を安全に行う業者が見つからないと、夏休みの学校プールの一般開放を中止することを明らかにしました。

昨年7月に小学校プールで児童が亡くなる事故が起きましたが、事故調査委員会(第3者委員会)のアンケートの結果、今年もプールの一般開放を行うと、市長は明言していました。

ところが、前言を翻したうえ、「安全性に疑義が少しでもあれば、一般開放は行わない」と中止を正当化しています。しかし、プール委託の予算は昨年と同額しか計上されていません。プールの安全対策予算も計上もせず、安全性より効率性を優先する民間委託も見直していません。

プール事故調査委員会が事故の要因として指摘している「プールの委託費の削減」や「民間委託の問題」に、市は反省もないままです。 このような状況で、安全性が確保できるはずはありません。

私は、「民間のプール管理の経験者の協力を得、安全対策を強化しながら、市直営一般開放を行うこと」、そのために「委託費を増やし、プールの開放日を減らすことで、人材を確保すること」などの提案をおこないました。

安心・安全な一般開放をどのように実現するのか、議論されています。しかし、市は安全性の確保出来ないと、中止の結論だけを押し付けています。

事故調査員会の指摘もアンケートもいかされないままです。このような無責任な市の対応で、子どもたちの楽しみが奪われることは許せません。

 

 

稼働ゼロから原発ゼロへ

今日も「原発ゼロ」の宣伝を行いました。昨日、すべての原発の稼働が止まるという歴史的な日となりました。

「原発はごめん。再生可能の自然エネルギーを利用して、原発ゼロを実現しよう。泉南市でも、太陽光発電の設置に補助金を出す制度をつくろう」と訴えました。

原発ペンタゴン(政界・財界・官僚・マスコミ・御用学者の原発推進勢力)は、「原発が止まれば電力不足になる」と脅かし、大飯原発の再稼働を突破口に全国の原発を動かそうとしています。

しかし、どれだけ不足するのか、根拠をきちんと示さず、過大な需要を固定化し、国民の節電の努力は想定していません。

原発事故の究明もなし、安全対策もなし、規制機関もなしの「ないない尽くし」の安全無視の原発再稼働の押し付けは許せません。

「こどもの日」に原発ゼロと子ども医療費無料化訴える

午前中と晩はしんぶん赤旗の集金、午後からポスター貼りと宣伝を行いました。

宣伝では次のことを訴えました。

●今日、北海道電力泊原発3号機が停止作業に入り、国内で稼働している原発はゼロになります。原発に固執している政府・財界をはじめとした勢力を追い詰めた成果です。「子どもの日」が「原発ゼロ」の第一歩になりました。

●子育て支援の充実を求める父母の要求と運動、日本共産党の国会、地方議会での奮闘で、全国の自治体で子どもの医療費無料化がすすんでいます。

現在、入院は中学卒業まで無料化の自治体が過半数(51・6%)、小学卒業(20・8%)、小学入学前まで(19・7%)となっています。

通院を無料化しているのは中学卒業までが(37・5%)、小学校入学前までが(35・6%)となっています。

大阪は最も無料化制度がおくれていますが、堺市や田尻町では、中学校の卒業まで子ども医療助成制度が実現しています。近隣市町でも小学校卒業までの助成が拡がっています。

泉南市では議会で取り上げる中、やっと小学校入学までの助成制度が実現しました。入院の助成を1歳引き上げるのに、必要な予算は100万円です。やる気があれば出来ます。引き続き、子ども医療の充実のために頑張ります。

 

娘に会いに京都に

GWも実家に帰らない大学2回生の娘に会いに、京都に行きました。妻と息子と3人で朝から出かけ、京都駅周辺を散策した後、娘と一緒に4人で夕食をとりました。妻は娘の下宿のある滋賀県大津市に泊ることになり、僕と息子は泉南の家に帰りました。

娘はバイトをして貯金をしているようですが、「パチンコで儲けている。お金が降ってきた。」としか言いません。どんな生活をしているか、わかりませんが、元気にしているようです。

高3の息子も先日、クラブを引退したそうです。一生懸命にクラブ活動に取り組んでいましたので、試合に負けて悔しいはずですが、いつもと変わりありません。

こんなチグハグな家族ですが、家族4人揃うと、楽しくワイワイ楽しみました。

京都はたくさんの観光客で混雑していましたが、歴史的な街並みに触れると心が休まりました。