同和更生貸付基金の肩代わり問題

同和更生貸付基金の「肩代わり」問題で、百条委員会が開かれました。前府会議員、元副市長や元助役らの証人喚問で、肩代わりの事実が明らかになり、引き続き市長の証人喚問をおこなうことになりました。

元助役は、「100万円を立て替えた。同和更生貸付基金条例を廃止するため、府下で最低の回収率を引き上げる必要があった。しかし、回収が進まないため、立て替えを行った。 条例を廃止したい一心で立て替えをおこなった。議会をだます事になり、軽率な事だと反省している」と証言しました。

☆肩代わり問題とは・・

昭和40年度より府と市の出資によりまして同和更生貸付基金条例を設定、旧同和地区の更生に要する資金として貸し付けを行ってきた。この貸し付け業務は昭和40年から平成5年まで実施。その間の貸し付け実績は1,386件で総額1億7,300万円になったが、5,072万円が未集金のままになっている。

 平成14年11月に基金条例が廃止される。廃止前に駆け込みで集金したと言われていた308万円は、市の幹部が条例を廃止するために身銭をきって「肩代わり」したことが、百条委員会で明らかになった。

☆百条委員会とは・・

 地方議会が地方公共団体事務の調査権を行使するため設ける委員会で、地方自治法100条に規定があることからこの名前がついた。

・・・・・・朝は新家駅で消費税増税と原発再稼動反対の宣伝を行いました。 午前中は、同和更生貸付基金の肩代わり問題を究明する百条委員会の傍聴、午後は生活相談と議員団会議。

議会欠席の説明求める

A議員が3月末に清掃事務組合議会を欠席し、暴力団組長らが参加するゴルフコンペでプレーしていた問題で、代表者会議が開かれ、本人から経過説明と謝罪がありました。

A議員は新聞に報道されている内容は、ほぼ事実であると認めました。一方、清掃事務組合議会を休んだ理由は友情のためと説明しました。その内容は次のとおり

1、欠席した議会は清掃事務組合の事務局の不手際のため行われた。

 2、その会議に自分(A議員)が出席すれば、自分の性格上、その不手際を起こした事務局を厳しく追及することになるだろう。

3、厳しく追及すれば、事務局にいるA議員と親しい職員との友情を裏切ることになる。

 4、職員との友情を守るために、議会を欠席した、ということです。

 議会とゴルフを天秤にかけて、ゴルフに行く議員がいること自体、信じられません。さらに、議会をサボった理由が、職員との友情で不手際を追及しないためというような説明は到底理解できません。

この説明を受け、A議員が友情を守るという職員は誰か、質問しましたが、答えはありませんでした。

 そこで「A議員はこの職員から選挙の応援してもらうような関係にあるのではないか」と質問しました。A議員は、議会に出席して(友情を裏切っても)心を鬼にして不手際を追及するべきであった、という内容の答えがありました。一方、職員との関係は否定しませんでした。

 A議員は過去、議長職も委員長職も途中で投げ出しています。今回の事件で議員の辞職や役職の辞任などは考えていないのか、という質問に、そのつもりはない、と答えました。

その理由は、今回は新聞にでたから問題になったが、議長職や委員長職を辞任したときほど、重いものではない、ということです。この答えを聞いた時、何度も反省という言葉が出るが、真意なのか疑問が湧きました。

また、A議員をゴルフコンペに誘った人は、どこかで暴力団とつながりがあるのか、と質問しましたが、分からないとの答えでしたが、調査して報告するよう要請しました。

質問中に、「証人喚問みたいな質問するな」などと野次が飛んできました。

 

明日、真砂議員の問題で代表者会議

清掃事務組合議会を欠席し、暴力団組長らが参加するゴルフコンペでプレーしていた真砂議員の問題で、本人から事実関係を明らかにさせることになりました。

議員が公務をサボってゴルフに行くなど、まず考えられません(世間で言われるほど、このようなことはない)。さらに顔見知りの暴力団関係者がいることに気がついて、そのままプレーを続けることも、考えられません。

真砂議員の行いは「島田紳介さん流にいうと、自分はセーフでも社会的にはアウト」という人もいます。

真砂議員がなぜ、このようなことをしたのか、真相を語る責任があります。

泉南市はプール事故で行政の信頼が失われています。その信頼を取り戻すため、行政も議会も一生懸命ガンバッテいます。その時に、真砂議員の行動は軽率では済まされません。

午前中は幼稚園の入園式、午後は相談などで市役所に、晩は大増税反対連絡会の会議。

雨で外に出ませんでしたが、昨日の記者会見の準備の疲れか、しんどい一日でした。

怒りの記者会見

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4月3日、小宮山厚労相は泉南アスベスト国賠訴訟の原告らの願いを踏みにじって、大阪高裁に控訴しました。また、2陣原告全員が本日控訴しました。

 早期に解決をと訴えてきた原告らは大きな怒りを覚えます。ついては、司法記者クラブに会見の場を設定していただいて、マスコミを通して原告の思いを語ることになり、泉南市役所で記者会見が行われました。竹田光良議長、堀口和弘府議、松本雪美市議らも参加しました。

原告一人ひとりが、苦しい被害の実態を訴えました。酸素ボンベをもって会見に臨んだ原告もいました。

裁判の結果を待っていれば、多くの原告が苦しみ、もがきながら死んでしまいます。いま、政治の力での一日も早い解決が求められています。国は裁判と平行しながらでも、話し合いのテーブルにつくべきです。

私は議会改革懇談会があったため、会見に参加できませんでした。会見の準備は前日の机や椅子を並べることから手伝いました。

議会改革懇談会では、本会議以外の委員会のライブ中継、定数削減に伴う委員会構成などを議論しました。共産党は改革懇談会で政務調査費の見直しについて、引き続き議論する事を要望しました。

午後から、共産党議員団会議、晩は「しんぶん赤旗」の集金に出かけます。

 

プールの一般開放・・・不安な船出(2)

学校プール児童死亡事故を受けた業務改善報告書(案)の説明が、総務文教常任委員会で行われました。先月末に続いて2回目です。

市は今年もプールの一般開放を業者に委託する計画です。一方、大阪府警は泉南市のプール事故を受け、警備業の資格をもった業者に委託するように指導をしています。

ところが、市は警備業の資格を持ち、プール運営ができる業者があるのか、調査しなければ分からない、今から大急ぎで探すという話です。

先週まで、警備業の資格が必要である事が分からなかったそうです。なぜ、このような事態になったのか、市は「不手際」と説明していますが、納得できません。

市は業者委託に固執しています。そのため、このような事態を招くのです。安全性を本当に優先すれば、業者委託はできません。

命に関わる事業は、市直営で行うべきです。プールの一般開放は教育委員会まかせにせず、市役所全体で取り組み、地域や保護者を巻き込んで進めるべきです。

午後から、後援会長をしている府立高校の入学式に出席し、保護者に簡単な挨拶をさして頂きました。その後、市役所に戻り、明日、市役所で行う泉南アスベスト訴訟原告・弁護団の記者会見の準備をしました。晩は共産党の会議があります。

維新はコーラ。栄養ない

産経新聞の単刀直言(4月7日付け朝刊)で上田清司埼玉県知事が橋下「維新の会」について語っています。マスコミは無批判に橋下「維新の会」を持ち上げて、多くの政治家が橋下「維新の会」にすり寄っています。

橋下「維新の会」が「首相公選制だ!」「国会議員を減らして一院制だ!」と国政のことで関心を集めています。

しかし、上田知事は知事3期の経験から、中小企業が無担保無保証で融資を受けられる制度を整えるなど、国政のことばかり言わないでも県独自の取り組みで実績を残せる、と述べています。

また、橋下「維新の会」がなぜ人気があるのか、また、どんな問題があるのか、次のように分かりやすく指摘しています。

「橋下さんは急所を突くのが、実にうまい。公務員や教員いじめれば、そりゃ国民に受けますよ。だけどコーラみたいなもの。スカッとするけど牛乳と違い栄養はない。問題があれば改めるべきだけど、公務員をいじめて生活保護が減ったり、学力や規律が向上するわけじゃない。」

7日、8日はしんぶん赤旗の集金で終わりました。先月末から月初めは、議会やアスベスト裁判の応援などで忙しく集金に行けませんでした。