「市議会だより」編集委員会

議会報編集委員会が開かれました。「市議会だより」は議会事務局に応援してもらいながら、定例議会ごとに年4回発行されています。

「市議会だより」が初めて定例議会ごとに発行されたのは、私が数年前に委員長をした時です。この時、議会事務局から「近隣市では議会ごとに発行されている。これが出来ないのは、泉南市議会の恥」と厳しく言われ、副委員長からは「応援するからガンバロウ」と励まれ、私もやる気になりました。

いままでは、冗談半分かもしれませんが、編集委員長が推さない人が議長をしたら、その議長の宣伝をしたくないと言って「市議会だより」を出さなかったこともあったそうです。

私が委員長をしてから2、3年後には歴代の編集委員会委員長と議会事務局のガンバリで「市議会だより」の年4回の議会ごとの発行が定着しました。

午後から4月29日(日)のアスベストによる健康被害の「医療と法律相談会」のポスター(2012年4月14日 ブログ 医療と法律相談会) 掲示のお願いにまわりました。

春の日差し

朝は少し寒かったが、暖かく春らしい日差しの一日でした。

午後から、宣伝カーに乗って、消費税増税・原発再稼動反対の訴えをしました。また、泉南市政について、プール事故を教訓に教育予算の増額を、子ども医療予算の助成を小学校卒業までにと訴えました。

数人で遊んでいる子どもたち、親と散歩している子ども、お母さんに抱っこされてる赤ちゃん・・・外には、子どもの笑顔がたくさんありました。

午前中は「しんぶん赤旗」の購読のお願いに行きました。毎日の日刊紙と週刊誌の日曜版が1部ずつ増えました。

医療と法律相談会

アスベストによる健康被害のための、「医療と法律相談会」が4月29日(日)、阪南市のサラダホールで行われます。アスベストの専門医やアスベスト国賠訴訟の弁護団や原告や「アスベスト被害と市民の会」が行います。今までに泉南地域で2回、和歌山で1回実施しています。被害者を掘り起こし、労災認定手続きやアスベスト新法による救済などの取り組みを行ってきました。 今日は、この「医療と法律相談会」に多くの人に参加してもらうために、宣伝方法について相談しました。

同和更生貸付基金の肩代わり問題

同和更生貸付基金の「肩代わり」問題で、百条委員会が開かれました。前府会議員、元副市長や元助役らの証人喚問で、肩代わりの事実が明らかになり、引き続き市長の証人喚問をおこなうことになりました。

元助役は、「100万円を立て替えた。同和更生貸付基金条例を廃止するため、府下で最低の回収率を引き上げる必要があった。しかし、回収が進まないため、立て替えを行った。 条例を廃止したい一心で立て替えをおこなった。議会をだます事になり、軽率な事だと反省している」と証言しました。

☆肩代わり問題とは・・

昭和40年度より府と市の出資によりまして同和更生貸付基金条例を設定、旧同和地区の更生に要する資金として貸し付けを行ってきた。この貸し付け業務は昭和40年から平成5年まで実施。その間の貸し付け実績は1,386件で総額1億7,300万円になったが、5,072万円が未集金のままになっている。

 平成14年11月に基金条例が廃止される。廃止前に駆け込みで集金したと言われていた308万円は、市の幹部が条例を廃止するために身銭をきって「肩代わり」したことが、百条委員会で明らかになった。

☆百条委員会とは・・

 地方議会が地方公共団体事務の調査権を行使するため設ける委員会で、地方自治法100条に規定があることからこの名前がついた。

・・・・・・朝は新家駅で消費税増税と原発再稼動反対の宣伝を行いました。 午前中は、同和更生貸付基金の肩代わり問題を究明する百条委員会の傍聴、午後は生活相談と議員団会議。

議会欠席の説明求める

A議員が3月末に清掃事務組合議会を欠席し、暴力団組長らが参加するゴルフコンペでプレーしていた問題で、代表者会議が開かれ、本人から経過説明と謝罪がありました。

A議員は新聞に報道されている内容は、ほぼ事実であると認めました。一方、清掃事務組合議会を休んだ理由は友情のためと説明しました。その内容は次のとおり

1、欠席した議会は清掃事務組合の事務局の不手際のため行われた。

 2、その会議に自分(A議員)が出席すれば、自分の性格上、その不手際を起こした事務局を厳しく追及することになるだろう。

3、厳しく追及すれば、事務局にいるA議員と親しい職員との友情を裏切ることになる。

 4、職員との友情を守るために、議会を欠席した、ということです。

 議会とゴルフを天秤にかけて、ゴルフに行く議員がいること自体、信じられません。さらに、議会をサボった理由が、職員との友情で不手際を追及しないためというような説明は到底理解できません。

この説明を受け、A議員が友情を守るという職員は誰か、質問しましたが、答えはありませんでした。

 そこで「A議員はこの職員から選挙の応援してもらうような関係にあるのではないか」と質問しました。A議員は、議会に出席して(友情を裏切っても)心を鬼にして不手際を追及するべきであった、という内容の答えがありました。一方、職員との関係は否定しませんでした。

 A議員は過去、議長職も委員長職も途中で投げ出しています。今回の事件で議員の辞職や役職の辞任などは考えていないのか、という質問に、そのつもりはない、と答えました。

その理由は、今回は新聞にでたから問題になったが、議長職や委員長職を辞任したときほど、重いものではない、ということです。この答えを聞いた時、何度も反省という言葉が出るが、真意なのか疑問が湧きました。

また、A議員をゴルフコンペに誘った人は、どこかで暴力団とつながりがあるのか、と質問しましたが、分からないとの答えでしたが、調査して報告するよう要請しました。

質問中に、「証人喚問みたいな質問するな」などと野次が飛んできました。

 

明日、真砂議員の問題で代表者会議

清掃事務組合議会を欠席し、暴力団組長らが参加するゴルフコンペでプレーしていた真砂議員の問題で、本人から事実関係を明らかにさせることになりました。

議員が公務をサボってゴルフに行くなど、まず考えられません(世間で言われるほど、このようなことはない)。さらに顔見知りの暴力団関係者がいることに気がついて、そのままプレーを続けることも、考えられません。

真砂議員の行いは「島田紳介さん流にいうと、自分はセーフでも社会的にはアウト」という人もいます。

真砂議員がなぜ、このようなことをしたのか、真相を語る責任があります。

泉南市はプール事故で行政の信頼が失われています。その信頼を取り戻すため、行政も議会も一生懸命ガンバッテいます。その時に、真砂議員の行動は軽率では済まされません。

午前中は幼稚園の入園式、午後は相談などで市役所に、晩は大増税反対連絡会の会議。

雨で外に出ませんでしたが、昨日の記者会見の準備の疲れか、しんどい一日でした。

Page 132 of 138« First...102030130131132133134...Last »