ブログ

憲法記念日 宣伝

午後から、宣伝カーを出して、憲法9条・96条の改定反対を訴えました。

安倍自公政権に変わってから、憲法改悪の動きが強まっていますが、憲法9条などを変えない方が良いとする国民が多数です。

自民党は9条を改定し、国防軍を置くことを明記しようとしています。日本維新の会は党の綱領でいまの憲法を「占領憲法」と攻撃し、「大幅に改正する」と述べ、石原代表は「強力な軍事国家」をめざすといっています。

9条の改定には国民の反対が強いので、まず憲法96条で改憲の発議を国会の3分の2以上とあるのを、2分の1以上にハードルを低く改悪しようとしています。

日本国憲法は世界でも特別変えづらいといいますが、ごまかしです。

アメリカは上下両院の3分の2以上の賛成と4分の3以上の州議会での承認が必要で、日本より厳しいものです。フランス、ドイツ、韓国でも3分の2以上の賛成同じです。

改憲論者でも96条の改悪には反対しています。その理由は「憲法は国民の側から国家権力をしばるもの、時々の政権によってころころ変えることがあってはならない、というのが立憲主義の精神だ」といっています。

96条改定は立憲主義を放棄するもので、身を挺して96条改定に反対すると表明する改憲論者も少なくありません。

日本は憲法9条が歯止めになって、戦後1度も戦争によって殺し、殺されることがありませんでした。尖閣列島や北朝鮮のミサイル騒動が起こっても、「平和外交によって解決する」という、今日の国際社会のあり方と一致した進み方ができるのも、憲法9条が座っているからです。

日本共産党は、あの侵略戦争に命がけで反対を貫いたただ一つの政党です。戦後も、憲法にもとづき暮らしと平和を守り抜くために力をつくしてきました。

事務所の泊り、銭湯に行く

午前中は、地元の共産党支部の会議に参加しました。支部では憲法問題について勉強しました。
 
特に、憲法96条のねらいについて、議論しました。
 
昼からは市役所に行き、議会報告ニュース作りの相談をしました。
 
その間にも、生活相談や「泉南市と泉佐野市との合併問題」の電話が寄せられました。
 
晩は岸和田の共産党事務所で9時まで会議(地区委員会総会)。会議が終わって、岸和田商店街にある銭湯に行きました。
 
久しぶりに大きなお風呂で、汗を流しリラックスできました。それから、事務所に戻って泊まりです。
 
泊まりは月に1回ありますが、いつもは家で風呂入ってから、10時前に事務所に来ます。
 
今晩は銭湯の効用でゆっくり眠れると思います。

市民不在の合併問題・・市長に説明求める

「泉南市・泉佐野市 合併協議へ 関空の税収効果生かす」という記事が読売新聞に掲載されて、1週間がたちました。

今も市民や議会にも報告なく、市長同士で勝手に話を進めることに、怒りの声が上がっています。

2004年の住民投票で「合併NO!」が決まったのに、合併して大きな町を作って威張りたい人がいるのでしょうか?

今日は市長の出席のもと、各派代表会議を開ました。

千代松泉佐野市長から、合併協議の申し入れがあり、向井市長は泉佐野市の財政が健全化すれば検討してもいいと答えたそうです。

しかし新聞記事には、今にも合併しそうなことが書いてあり、事実に反すると、向井泉南市長は記者に抗議したそうです。それに対し、記者は書きすぎたと市長に謝ったそうです。

ある議員は「千代松市長は向井市長を利用したのではないか」と、千代松市長を批判していました。

しかし、向井市長も水面下で合併を検討する意向を表明したことは、間違いありません。

その結果、市民は動揺し、政治不信、行政不信をおこしました。

その責任を向井市長は自覚し、市民に謝るべきではないでしょうか。記者が市長に謝って済む問題ではありません。

・・・・・・

午後から労働者の祭典メーデーに参加。

大企業の内部留保還元、賃上げ・雇用拡大で景気回復を。

リストラ「合理化」反対!地域経済を守れ!時給1000円以上に・・と訴えました。

大腸・内視鏡検査受ける

今日は14年ぶりに大腸の内視鏡検査を受けました。この検査は大腸がんを調べるものです。

検査の結果は、「きれいな大腸で心配いらない。大森さんの年齢(50代)では、がんでないがポリープが2,3個あるのが普通だが、一つもない」と褒めてもらいました。

また、「うちのような医院でも、この検査で毎年3人ぐらい大腸がんがみつかる。大きな病院はもっと多いだろう。大腸がんは自覚症状がないので、検診は大事ですよ」と話してくれました。

昨晩は消化の良いオジヤだけ、今朝は食事抜きで下剤を飲みました。何度もトイレに行き、仕事になりませんでした。

検査は20分程度、緊張しましたが、大きな痛みはありませんでした。

忙しくて検診を受られない人も多くいます。闘病生活の大変さを考えると、検診や予防は大事です。

今日の検査費用は5千円弱でした。欧州のように医療費は無料にして、経済的な理由で検査が受けられないようなことがないようにすることが大事です。

午後は議員団会議。晩は党に仕事がありましたが、腹も減り、8時前には切り上げました。

 

ポスター、宣伝

午前中、共産党のポスターをはりました。

赤と黄色が目をひきます。昨年の衆院選のポスターでは、志位委員長が演歌歌手の大川栄策さんに似ていると評判になったそうですが、今回はどうでしょうか。

  午後は、宣伝カーで街頭演説。

マスコミを「アベノミクス」という言葉がにぎわしています。株価が上がり、円安がすすんでいますが、みなさんの暮らしはよくなってきたでしょうか。それどころか、心配なことが沢山あるのではないでしょうか。

 大企業がため込んでいる内部留保の1%を使うだけで、その大企業800万人の社員の給料を月1万円引き上げることができます。中小企業に支援して、最低賃金を1000円に引き上げ、非正規社員の給料も底上げをすべきです。

そうしてこそ、国民のフトコロがあたたまり、景気も確実に回復し、それを長続きさせることができます。

と訴えました。

 

晩は地域をまわりました。

不況、日中問題、日韓問題、先日の政府式典などの質問が寄せられました。

沖縄1万人抗議  「再び県民切り捨てか」

 沖縄では「4・28政府式典に抗議する『屈辱の日』大会」が28日、宜野湾海浜公園で開かれ、1万人を超える参加者(主催者発表、同実行委主催)が、「政府式典は『がってぃんならん』(合点がいかない)」と五唱しながら、怒りの拳を上げました。

議会報告会 無事終わる

 

2時から、党議員団主催の議会報告会を開催しました。連休まっただ中でしたが、30人を超える人が参加してくれました。

4名の議員がそれぞれの一般質問の報告をしました。

私は国保値上げ問題とアスベスト

成田議員は土地開発公社と合併問題

松本議員は総合計画とごみ問題

わけ議員は同和問題と子ども医療費助成制度の拡充について

お話しました。

予定時間を上回るぐらい質問が出され、活気ある会議になりました。

昨晩は東京から帰ってきたのは11時前、今朝も早かったので、今日はしんどかった。