職員の肩代わりは寄付扱い・・同和更生貸付基金の未回収問題

厚生文教常任委員会が開かれ、9月議会の議案説明などの報告がありました。

そこで同和更生貸付基金の回収問題の報告があり、大森の質問で『助役・管理職らが、集金できずに肩代わりして立て替えた308万円は「寄付」扱いして、返金は行わない』ことが、明らかになりました。

「寄付」扱いにすると、職員が肩代わりをすることを認めたことになり問題です。

100条委員会を開き、議会が中心に解明が行われてきましたが、行政は及び腰で、いまだに、全容は明らかになっていません。

未集金や肩代わり問題は、同和更生貸付基金の業務を行っていた部落解放同盟泉南支部と不公正な同和行政をすすめてきた泉南市政によるものです。

 

詳しくは市長の監督責任が問われる・・同和更生貸付基金の肩代わり問題http://ohmorijcp.wajcp.net/2012/04/20/184919)はご覧ください。

りんくうタウンを案内

新家駅で定例の早朝宣伝。しんぶん赤旗8・9月号外を配布しました。

午前中は議会運営委員会。9月議会の日程を決めました。

午後は東京から来た雑誌記者にりんくうタウンを案内しました。

大型商業施設と駅前商店街を見て回りました。

「産廃処理場」中止求め、環境省へ

一般質問の準備。公共建築物(学校・老人集会所・道路・橋梁など)の老朽化と対策、新家駅の改札口新設計画、新家駅周辺の交通混雑対策について、市の報告を受けました。
 
晩は阪南市議選の応援に行き、産廃処理場の建設中止を求める運動の経過を聞きました。
 
26日に、古家美保阪南市議、大脇けんご市政対策委員長、たつみコータロー参院議員らが環境省へ申し入れに行きました。
 
写真: ★「産廃処理場」中止求め、環境省へ★<br />
~環境汚染から阪南市をまもれ~</p>
<p>【阪南市 大脇けんごFBより~】<br />
環境省に申し入れしました。女性キャリア2名の応対で、1時間懇談できました。通常は、こんなに時間をとってくれないそうです。辰巳コータローさんのおかげさまで、改めて議席を獲得できたことの意義をかみしめました。<br />
  申し入れの席で、わたくし大脇は、和泉の地は、その名の通り、古来より豊かで上質の水を湧出することで有名であり、山中川から男里川にいたる河川の水、伏流水、地下水が、農業はもとより、造り酒屋、繊維産業、そして大阪府下で唯一地下水を利用してスイミングスクールが営まれるなど、ずっと恩恵をもたらしてきた。30年50年とかけて、山に降った雨が地下水となって阪南市の人々を潤すのだ。そんな水が、ひとたび汚染されると、取り返しのつかないことになることを分かってほしい。「ああ、有害物質が混入してました・・・(その時には責任を取るべき業者も自治体責任者もいないのだ!)」では済まないことをぜひとも認識しておいてほしい、と強く訴えました。

 
和歌山県と阪南市の県境付近の山間部に産廃処理施設の建設計画があります。
計画地のふもとにある和歌山市や阪南市では、参拝建設は豊かな自然を壊すもの、貴重な水を汚すものと建設反対の運動が起こっています。
この運動に、古家美保阪南市議や大脇けいごさんが、住民と一緒に取り組んでいます。
 
  ~環境汚染から阪南市をまもれ~ 【阪南市 大脇けんごFBより~】
環境省に申し入れしました。女性キャリア2名の応対で、1時間懇談できました。通常は、こんなに時間をとってくれないそうです。辰巳コータローさんのおかげさまで、改めて議席を獲得できたことの意義をかみしめました。
   申し入れの席で、わたくし大脇は、和泉の地は、その名の通り、古来より豊かで上質の水を湧出することで有名であり、山中川から男里川にいたる河川の水、伏流水、地下水が、農業…はもとより、造り酒屋、繊維産業、そして大阪府下で唯一地下水を利用してスイミングスクールが営まれるなど、ずっと恩恵をもたらしてきた。30年50年とかけて、山に降った雨が地下水となって阪南市の人々を潤すのだ。そんな水が、ひとたび汚染されると、取り返しのつかないことになることを分かってほしい。「ああ、有害物質が混入してました・・・(その時には責任を取るべき業者も自治体責任者もいないのだ!)」では済まないことをぜひとも認識しておいてほしい、と強く訴えました。
 
 

ねじれ解消は消費税増税中止で

昨日の朝刊に、消費税増税についての世論調査の結果が出ていました。その結果は増税に反対する声が多数をしめています

「ねじれ解消」というのなら、消費税増税を中止して、世論と国会が同じ意見にしなくては!

表は27日付しんぶん赤旗の1面記事です。

  「朝日」「毎日」「日経」「共同通信」(「東京」などに掲載)が26日付で、世論調査の結果を発表。政府が2014年4月に予定している消費税率5%から8%への引き上げについては、「予定通り実施すべき」という意見は2割程度しかなく、「行うべきでない」「先送りすべきだ」という意見が7割と圧倒的多数を占めました。

 「日経」調査では、2014年4月から8%、15年10月に10%にすることについて、「予定通り引き上げるべきだ」は17%と少数。「引き上げるべきではない」が24%にのぼり、「時期や引き上げ幅は柔軟に考えるべきだ」も55%となりました。

 「朝日」では「賛成」が43%と、「反対」の49%と拮抗(きっこう)しましたが、77%の人が景気への悪影響に不安を感じています。

 来年4月からの引き上げについても「毎日」「共同」で「予定通り引き上げるべき」はそれぞれ21%、22・5%と少数にとどまりました。

 一方、海外での武力行使を可能にする集団的自衛権の行使については「反対」がどの調査でも多数。安倍内閣が狙う憲法9条の解釈変更による集団的自衛権行使の容認についても「反対」の声が「賛成」を大きく上回りました。

 「日経」では、集団的自衛権の行使容認に「反対」が54%で「賛成」は32%。集団的自衛権を「行使できるようにした方がいいと思うか」と聞いた「毎日」でも、「思わない」が53%と「思う」の37%を上回りました。安倍内閣が狙う解釈改憲についても「朝日」で「反対」が59%と半数を上回り、「賛成」は27%。「共同」も「反対」が50%で「賛成」の39・4%を上回っています。

いじめ・体罰の根絶に向けた決議・・可決へ

9月議会の一般質問の通告、意見書・決議の締め切り日です。

一般質問は議長・副議長・田畑議員以外が行います。

また、6つの決議案と意見書が審議される予定です。

7月末、樽井小学校で体罰問題が起こりました。そのため、共産党の松本議員は「いじめ・体罰の根絶に向けた決議案」が全会一致で可決するように議長に働きかけました。その結果、議会運営委員長が提案者になり、他の会派の幹事長も賛同してくれ、全会一致で可決の見通しができました。

ほかに共産党は、国による子ども医療費助成制度の創設を求める意見書案、UR賃貸住宅居住者の住まいの安定を求める意見書案を提案します。

大森の質問は次のとおり

1、公共物の老朽化対策について

  ・学校施設の建てかえ、大規模改修について

  ・建物の老朽化対策について

 2、バリアフリーについて

  ・インフラの老朽化と対策について

  ・新家駅の改札口新設について

  ・生活道路の整備について

3、アスベスト問題について

  ・早期の救済、解決についt

4、子ども医療費について

  ・助成制度の拡充について

沢田研二コンサートに行く

朝は阪南市会議員選挙でお世話になる大脇けんごさんの応援に行きました。あいにくの雨でしたが、みんな濡れながら頑張りました。

夕方は大阪狭山市で行われた「沢田研二のコンサート」に夫婦で行きました。

「我が窮状」という歌で平和を守ろうと訴えるジュリー(「窮状」は憲法「9条」にかけています)。65歳になって丸く(太る)なっても、元気よく歌うジュリーを生で見たくて、コンサートに行きました。

前半部分は、ジュリーのヒット曲が続きました。この時代、歌番組にジュリーがでると父親が嫌がったことを思い出しました。

後半は新曲「3月8日の雲~カガヤケイノチ」を歌いました。

東日本大震災の歌です。忘れないで、風化させないで、薄情にならないと歌います。

「人間の手におえない原発はやめよう」とも歌っていました。

最後は「ザ・タイガース」の再結成の話などを面白く聞かせてくれました。