ブログ

「議員辞職勧告決議」可決  新型コロナ感染者への差別発言 

梶本議員がコロナ感染者に対し、自身のフェイスブックに人権を侵害する信じがたい投稿を行いました。
6月議会で梶本議員に対する辞職勧告決議が提案され、全会一致で可決。梶本議員は本人に関わる処分のため、採決には参加していません。なお決議には拘束力はなく、決議可決=辞職ではありません。

「公立・公的病院の一方的な再編統合に反対し、済生会新泉南病院の存続を求める意見書」可決

6月議会で「公立・公的病院の一方的な再編統合に反対し、済生会新泉南病院の存続を求める意見書」が賛成多数(自民党は反対)で可決。

新型コロナウイルス感染症対策にも、済生会・新泉南病院や阪南市民病院など公的・公立病院は絶対に必要です。

 

消費税率の引き下げ 宣伝と署名

大増税反対泉南地域連絡会と一緒に20日、樽井駅で消費税率引き下げ宣伝と署名活動を行いました。

署名してくれた50才台にみえるスーツ姿の方は、「自民党はひどい。検察庁法改定はなんや」と怒っていました。

9条の会 宣伝

19日新家駅で2か所に分かれてスタンディング

 

公立・公的病院の一方的な再編統合に反対し、済生会新泉南病院の存続を求める

「公立・公的病院の一方的な再編統合に反対し、済生会新泉南病院の存続を求める意見書(案)」を6月議会に提案。

提案者は大森和夫、賛同議員は森裕文さん、金子健太郎さん、和気信子さんです。

新型コロナウイルス感染症が猛威をふるい、医療崩壊が心配です。こんなときに国は済生会・新泉南病院や阪南市民病院を含めた公的病院424か所を統廃合する計画です。公的病院の統廃合計画の撤回を国に求めます。

新型コロナ対応について報告 5月2日

泉南市会議員団と北村みき衆院19区国政対策委員長が共産党のコロナ対応について訴えました。

コロナ危機に苦しむ国民の生活を支え、救うことが政治の責任です。

新型コロナウイルスとのたたかいは、長期戦となると言われています。

ひとりで悩まず、日本共産党にご相談下さい。

感染拡大を防ぐため、そして、国民の苦難軽減のためにがんばる、という日本共産党の立党の精神を大切に、みんなの声を、市へ府へ国へ、しっかり届ける仕事に、全力で取り組みます。

 

 

 写真は北村みきさん

Page 4 of 149« First...23456102030...Last »