泉南アスベスト宣伝

成人式に出席した後、泉南アスベスト国賠訴訟の原告と泉南市内を宣伝カーで回りました。

  去年のクリスマスに、泉南アスベスト国賠訴訟・第2陣の高裁判決があり、国の違法を断罪し、賠償を命じる判決が下りました。

敗訴の判決を不服として、国は1月7日、最高裁に上告しました。

全野党の国会議員、自民党・公明党のアスベスト問題の責任者、地元市長・議長が年末、上告断念を含む早期解決の決断の要請を行っていました。

泉南アスベスト裁判は7年半に及び、その間に原告13名が亡くなりました。原告らは高齢化に加え、病気がどんどん重くなって苦しんでいます。

「命のあるうちに解決を」これは原告らの譲ることのできない願いです。

市長、議長は毎年、厚労省・環境省に早期解決・救済を求める要請を行っています。

市議会でも早期解決・救済を求める意見書を全会一致で可決しています。

地元の声に背を向ける、国の姿勢は許せません。

泉南アスベスト早期・解決を求めるアピールに賛同する国会議員は118名になりました。

私たちは最高裁においても全力で闘い抜きます。

引き続き、地元のご支援ご協力をお願いいたします。

仕事始め

6日、泉南アスベスト国賠訴訟の原告7名と支援者6名が、泉南市と阪南市の市長・議長・各会派に「高裁勝利判決の報告とお礼」と「国への上告断念への要請行動への協力」を訴えました。

年末の休暇中に、アポをとって6日の面会が実現しました。

泉南市長は、原告らの日頃の活動をねぎらい、勝訴判決を大変喜んでくれました。また12月28日、議長と連名で厚労省・環境省・官房長官あてに、上告を断念するように要望書を出したと報告がありました(阪南市も同様に要望書を出す)。

議長(公明党)には、公明党の国会議員も年末、自民党議員とともに上告断念の要請を厚労大臣に行っていることを伝え、引き続き支援の要請をしました。

 

 

 

 

 

 

拓進クラブ(民主党系)、公明党、共産党、緑の党とも懇談が出来ました。上告の期限が8日なので、今日中に上告断念の要望書をFAXで送付するように要請しました。

*10時から泉南市で要請行動をし、その後、泉南の参加者全員で阪南市に行き合流しました。

怒りの記者会見

「国の道理なき上告に断固抗議する」泉南アスベスト原告団・弁護団の記者会見が泉南市役所で3時から開かれました。

国は12月25日の泉南アスベスト国賠訴訟の第2陣判決を不服として、最高裁に上告しました。

1日も早い解決をのぞむ被害者の願いを裏切りました。記者会見を準備しながら、他会派の市会議員に上告の話をすると、驚きや落胆したように残念がっていました。

自民党の田村厚労大臣は民主党政権下、自民党が野党の時は泉南アスベスト国賠訴訟を支援する有力な国会議員でした。

ところが、与党になり政権をとると、平気で裏切ります。

原告らはこのような血の通わない政治、暖かみのない政治に怒りをぶつけていました。

弁護士は「我々は勝つ。勝つまで戦う」と述べていました。私もこの悔しさ忘れません。

悔しい、大義なき上告

田村厚労大臣は11時30分の定例記者会見で、泉南アスベスト訴訟で上告することを発表しました。

被害者と一度も会わず、上告を決めました。泉南市と阪南市の市長・議長は年末に上告を断念する要望書を厚労省など関係省庁に提出しています。地元の声も無視です。

大阪高裁の判決は明確に国の責任を認めています。上告に大義はありません。

上告は無駄使い、そんな金があれば被害者の救済に使え!

 政党助成金(年間300億円)を廃止し、泉南アスベストの被害者をはじめすべてのアスベスト被害者救済に取り組め!

6日、泉南市長に裁判の支援のお礼と上告断念の要請行動をお願いする原告団(左、大森・中央、向井泉南市長)

超党派で上告阻止を・・小池参院議員、泉南アスベスト裁判IN東京

午後からは雨の中、官邸前で宣伝。その後、小池参院議員(共産)、佐田衆院議員(自民)を迎えて衆院会館で院内集会を開きました。

 

 

 

 

 

小池さんは「上告しないように超党派で国に要望する」と決意を述べました。

 

 

 

 

 

また、首都圏の建設アスベスト原告・弁護団・支援団体から、「これからも一緒にアスベスト被害の根絶に取り組んでいこう」と激励を受けました。

わたしも地元市長や議会が中心になり、国に要望活動を行っていることを報告しました。

 院内集会中に、原告が亡くなったと連絡がありました。裁判が始まってから13人目です。

原告代表の川崎さんが昼の宣伝で、「1日でも1秒でも解決が遅れれば、原告の病気が進行し、亡くなる人も増える。早期の解決は譲られない」と訴えたばかりです。

泉南アスベスト国賠訴訟IN東京3日目

今朝も日比谷公園に集合して、厚労省まで宣伝行動を行いました。

野党に続き、自公の与党議員も田村厚労大臣に「最高裁への上告断念」の要請を行ってことを知らせるビラを配布しました。

原告だけでなく、若手女性弁護士や地元泉南地域の支援者らが、早期の解決・救済を訴えました。