厚労大臣が謝罪・・泉南アスベスト被害者へ

 

・上の写真は厚労大臣(右から3人目)らに意見を述べる原告の山田さん。

山田さんのお父さんは三好石綿(泉南市新家)で働き、亡くなりました。

・下の写真は、面談後の記者会見                     

(前列)左から芝原弁護団長、村松副団長、原告の岡田さん(両親をアスベストの病気で亡くす。母親は裁判中に亡くなる。本人は子どものころ、石綿工場に出入りし、アスベスト疾患になるが、アスベスト工場で働いていなかったため、国の責任を認められず敗訴)、南さん(三好石綿に隣接する自宅で、父親がアスベス被害にあうが、国の責任は認められず)、佐藤さん(夫が裁判中にをアスベスト被害で死亡。昭和47年以降からアスベスト工場で働いていたたいめ、国の責任はないとされ敗訴)

*原告89名中7名は国の責任が認められず、敗訴

10月27日、塩崎厚労大臣が大臣室に泉南アスベスト国賠訴訟の原告と家族12人を招き、面談と直接の謝罪を行いました。

泉南アスベスト国賠訴訟は、第1陣、2陣で大阪地裁・高裁の判決が4度ありました。そのうち国が勝ったのは、一度だけです。国は負けても上告し、最高裁までいき、そこでも国は負けました。

裁判が行われた8年半の間に、原告14人が亡くなりました。

国が上告しなければ、もっと早く解決ができました。

国が裁判に費やした費用は税金です。国側の弁護士費用(人件費)など、バカになりません。

 写真は、東京から送ってもらいました。

 

 

やった。厚労大臣―和解と謝罪を約束 泉南アスベスト国賠訴訟

塩崎厚労大臣は、10月9日の最高裁判決を受け、原告に和解を申し入れ、謝罪することを発表しました。

泉南アスベスト国賠訴訟は8年たち、すでに原告14名が亡くなりました。1陣判決が差し戻しになったため、国が和解しない限り、解決するまで半年から1年もかかることになります。

そのため、原告らは和解による早期の解決を求めていました。

最高裁判決でも原告7名は敗訴となり、救済されませんでした。

国の謝罪をテコに、全てのアスベスト被害者が救済されるように、頑張ります。

最高裁判決の勝利を祝う

泉南アスベスト国賠訴訟「最高裁判決の勝利を祝う泉南の集い」が樽井公民館で行われました。

司法の最終判断としてアスベスト被害について国の責任を明確に認められました。

しかし、被害者に対する国の謝罪はありません。

全てのアスベスト被害者を救済する闘いはこれからも続きます。

 

 

 

 

 

 

 

樽井駅で消費税10%引き上げ反対・署名

1回の定例「大増税反対署名」の宣伝・署名を行いました。

参加者12人、署名は61筆集まりました。

署名時間は430分から1時間。人通りの少ない時間でしたが、ビラの受け取りも良かったです。

泉南アスベスト地元相談会

昨日の勝訴判決を受けて、早速、泉南市で泉南アスベスト地元相談会が開かれました。主催は泉南アスベスト国賠訴訟の弁護団です。

24名が相談に来られ、労災申請から診療機関の紹介まで行いました。

判決を機に隠れた被害が救われたら嬉しい。

全てのアスベスト被害者が救済されるまで、運動は終わりません。

 

5名の弁護士が参加しました。さすが日本1の弁護団だと感心します。

やった!最高裁で勝つ! ご支援ありがとうござました。

泉南アスベスト国賠訴訟は、国の責 任を認める判決が言い渡されました。

最高裁は「産業発展よりも命や健康が大切」で あることを示しました。

国は、加害者として誠実 に対応し、泉南アスベスト被害を1日 も早く全面解決すべきです。

写真は泉南市役所の記者会見