ブログ

貧困問題・学校施設の解消・アスベスト問題など国交渉

4・18政府交渉(党大阪府委員会・主催)に、泉南からは大森、和気市議、楠さん(市若者福祉対策部長)が参加しました。大門・たつみ両参院議員と清水衆院議員、わたなべ結(参院大阪地方区候補)らも同席しました。

ひとり親家庭の貧困問題、ブラック企業・バイトの根絶、就学援助の拡充、学校施設の改善、防災対策など緊急問題について交渉しました。

また、アスベスト問題は、厚労省・環境省とは1時間レク交渉を行うことができました。

2014年10月9日、最高裁判所は、大阪・泉南アスベスト国賠訴訟において、国の規制権限不行使の責任を認める判決を下し、さらに翌年1月、塩崎厚生労働大臣は、泉南を訪れ、原告らに面会し直接謝罪しました。

国は、最高裁判決に示された加害者としての責任を重く受け止め、アスベスト被害者の救済と二度と被害が発生しないように以下の要望についてレクチャを受けました。

 1、国が中心となり、行政の責任で調査ならびに広報活動など被害者掘り起こしに取り組むこと。

2、旧石綿工場に残存するアスベストの調査を行い、その除去は国の責任で行うこと。

3、訴訟においては救済されなかった原告らについても、政治による救済を行うこと。

4、アスベストによる健康被害に対する診断・治療法の開発・研究速度をすすめ、医学的知見を確立するともに、泉州医療圏の充実を行うこと。

 

泉南アスベストの会・熊本地震募金

朝から泉南アスベスト被害を訴えた梶本医師のお墓参り。その後、「泉南石綿の碑」一周年記念集会、午後から「泉南アスベスト被害の会」総会が行われました。

夕方は市内のスーパー前で共産党市会議員団と北村みき衆院大阪19区国政対策委員長と緊急に「熊本地震 被災者救援募金」を訴えました。

若い方々が募金に協力してくれました。

この募金は、被災地の自治体や関係機関への義援金、救援活動を通じて被災者の方々のもとへ届けます。

台湾に帰る

オーストラリアから遊びに来た娘の友だちが、台湾に帰りました。

9日間、我が家に泊り、京都・奈良・大阪を娘と一緒に観光しました。
最後の晩は、わたしと娘と日本国憲法9条の成り立ちや、かつ丼ととんかつの違いについて語りました。
何十年ぶりに家の大掃除をしたり大変でしたが、楽しい日々を過ごすことができました。

台湾のお客さん

娘が先月オーストラリアから1年ぶりに帰国しました。

44日からオーストリアの語学学校で知り合った台湾人が我が家に来ています。

毎日、娘と関西の名所に行っていますが、夕食はわたし達と一緒に食べています。

娘や妻は英語で会話していますが、私は英単語と漢字を書いてなんとか意思疎通をしています。

泉南市ガイドブックの中国版(好評)と、憲法9条を英語と中国語にしたパンフをプレゼントしました。

トラブル続きのマイナンバー

2015年度補正予算でマイナンバー(個人番号カード交付)の利用拡大に係る予算が計上されました。

「個人番号カード」はシステム障害により交付が一時できなくなる事態が起き、住民に大変な手間と不便を強いています。住民の不安や疑問を置き去りにして、カードの普及や利用拡大をすすめることは、国民のプライバシーを危険にさらすものです。

「個人番号カード」は身分証明くらいにしか使い道がありません。むしろ、カードを持ち歩くことの方が、紛失や盗難のリスクを高めるものです。そんな問題にはほとんど触れず、もっぱら「メリットいっぱい」などと宣伝し普及促進にばかり力を入れるやり方は、国民の個人情報の保護に責任をもつ姿勢ではありません。

以上の理由から、マイナンバーに係る予算に反対し、修正案を提案しましたが、共産党以外の賛成がなく、否決されました。

3月議会報告

 

戦争法廃止を訴える

「アベ政治を許さない」ポスターが3日、全国各地で一斉に掲げられました。泉南市でも「戦争法反対」のポスターとともに、りんくうタウンで午後1時からに宣伝をしました。消費税の10%増税など庶民を苦しめる安倍自公政権の退陣を求める声がひろがっています。

Page 21 of 141« First...101920212223304050...Last »