ブログ

議会報告

サザンビーチで署名

若い人がバーベキューを楽しんでいるサザンビーチで「戦争法廃止の2000万署名」と「核兵器廃絶を求める署名」を集めました。予想以上に反応がよく、楽しい活動になりました。

連休はメーデーと憲法集会と署名活動で終わりました。

野党共闘求む

「みんなの命めちゃめちゃ大事」と泉州サウンドDEMO主催の4・24街宣行動が行われた。「戦争法(安保法制)の廃止」と「安倍政権の打倒」を実現するために、市民と野党が共闘を訴える気持ちのいい集会でした。SEALDs、 SADL、 WAVE、民進党と共産党の国会議員らがスピーチ。

老いも若きも明日は街宣アピールIN岸和田

いよいよ明日(24日)は南海岸和田駅前での街宣アピール

参加してくれる「WAVEs」のオモシロビデオメッセージ

https://www.facebook.com/1640573162828305/videos/1742668242618796/
↑クリックして見てください。

 

戦争法(安保法制)の廃止、安倍政権の退陣を求める「19日行動」

泉南ピースパレード実行委員会は、戦争法(安保法制)の廃止、安倍政権の退陣を求める「19日行動」を市内スーパー前で取り組みました。(写真上2枚)

東京の行動(写真下)には、7500人(主催者発表)が参加。野党4党の代表、学者、弁護士らとともに「安倍政権は今すぐ退陣」「参院選はみんなで勝利」「北海道でも必ず勝つぞ」と声を合わせました。

弁護士や学者、宗教者らがスピーチしました。前札幌市長の上田文雄さんが参加し、衆院北海道5区補選について発言。市民と野党の統一候補、池田まき候補を擁立できたのは「市民の力」とのべ、「残された期間、全力をあげて勝利する。その力が全国に波及することを期待したい」と表明すると、大きな拍手が起こりました。

日本共産党の小池晃書記局長は、野党共闘に対する与党からの「野合」批判に対し、「市民が求める共闘が野合なはずがないじゃないですか」と反論。「安倍政権を打倒するまで力合わせてたたかいぬきましょう」と呼びかけました。

貧困問題・学校施設の解消・アスベスト問題など国交渉

4・18政府交渉(党大阪府委員会・主催)に、泉南からは大森、和気市議、楠さん(市若者福祉対策部長)が参加しました。大門・たつみ両参院議員と清水衆院議員、わたなべ結(参院大阪地方区候補)らも同席しました。

ひとり親家庭の貧困問題、ブラック企業・バイトの根絶、就学援助の拡充、学校施設の改善、防災対策など緊急問題について交渉しました。

また、アスベスト問題は、厚労省・環境省とは1時間レク交渉を行うことができました。

2014年10月9日、最高裁判所は、大阪・泉南アスベスト国賠訴訟において、国の規制権限不行使の責任を認める判決を下し、さらに翌年1月、塩崎厚生労働大臣は、泉南を訪れ、原告らに面会し直接謝罪しました。

国は、最高裁判決に示された加害者としての責任を重く受け止め、アスベスト被害者の救済と二度と被害が発生しないように以下の要望についてレクチャを受けました。

 1、国が中心となり、行政の責任で調査ならびに広報活動など被害者掘り起こしに取り組むこと。

2、旧石綿工場に残存するアスベストの調査を行い、その除去は国の責任で行うこと。

3、訴訟においては救済されなかった原告らについても、政治による救済を行うこと。

4、アスベストによる健康被害に対する診断・治療法の開発・研究速度をすすめ、医学的知見を確立するともに、泉州医療圏の充実を行うこと。

 

Page 19 of 140« First...101718192021304050...Last »