ブログ

トラブル続きのマイナンバー

2015年度補正予算でマイナンバー(個人番号カード交付)の利用拡大に係る予算が計上されました。

「個人番号カード」はシステム障害により交付が一時できなくなる事態が起き、住民に大変な手間と不便を強いています。住民の不安や疑問を置き去りにして、カードの普及や利用拡大をすすめることは、国民のプライバシーを危険にさらすものです。

「個人番号カード」は身分証明くらいにしか使い道がありません。むしろ、カードを持ち歩くことの方が、紛失や盗難のリスクを高めるものです。そんな問題にはほとんど触れず、もっぱら「メリットいっぱい」などと宣伝し普及促進にばかり力を入れるやり方は、国民の個人情報の保護に責任をもつ姿勢ではありません。

以上の理由から、マイナンバーに係る予算に反対し、修正案を提案しましたが、共産党以外の賛成がなく、否決されました。

3月議会報告

 

戦争法廃止を訴える

「アベ政治を許さない」ポスターが3日、全国各地で一斉に掲げられました。泉南市でも「戦争法反対」のポスターとともに、りんくうタウンで午後1時からに宣伝をしました。消費税の10%増税など庶民を苦しめる安倍自公政権の退陣を求める声がひろがっています。

戦争法施行に反対 宣伝

28日夕刻、戦争法の施行に反対し、JR新家駅で「戦争法の廃止を」「2000万署名のご協力を」と宣伝しました。
この時間帯は、青年がよく署名をしてくれます。この日もスポーツバックを抱えた3人連れの男子学生が「大事なことだから」と署名をしてくれました。

子ども医療費の拡充について報告

八幡山自治会総会が新家小学校の体育館で開催され、市長らと来賓として参加しました。

来賓挨拶の時、子ども医療費助成制度の拡充についてお話しました。

4年前の市会議員選挙で共産党の候補者だけが「子ども医療費助成制度の中学卒業まで拡充」を公約にし、党議員は議会ごとに拡充を求めてきました。

3月議会で市長は「来年4月から子ども医療費助成制度(通院)が中学卒業まで拡充する」と表明。近隣市町より少し遅れますが、子育て支援が大きく前進します。

子ども医療費の助成は本来、国の責任で行うべきです。共産党は全国知事会も市長会とも協力して、国の責任を求めています。

 

「消費税増税に反対する意見書」否決

3月議会の最終日23日、意見書の審議が行われました。

「消費税増税に反対する意見書」は共産党議員(4)以外の賛成がなく、否決されました。

一方、「景気が悪いのに、消費税の増税に賛成するなんて」「議員は金持ちやから消費税増税は関係ないのか」などと、市民から批判の声が上がっています。

また、「消費税増税は中止に決まったんやろ。なんで(意見書に)反対するねん」と言う人も少なくありませんでした。

市長にお礼

デコボコでつまずいて骨折するなど事故が起こっていた道路を、3月はじめ市が舗装してくれました。
道路周辺の 住民らが 「20年来の地元の悲願です。本当にうれしい」と市長らにお礼を述べました。
この道路は私有地のため、市道のように改修ができませんでした。
 道路の所有者は関東在住者や廃業した会社でしたが、市職員の知恵をかり改修することができました。
 一昨年には「生活道路改修に関する嘆願書(1330名の署名)」を集めました。
この署名が市を動かす力となりました。
 
 
Page 19 of 138« First...101718192021304050...Last »