ブログ

核兵器の先制使用反対の意見書 否決・患者負担増に慎重審議求める意見書 可決

9月議会の最終日、日本共産党が提出した2つの意見者(案)の採決が行われました。

●オバマ大統領が検討している核兵器の先制不使用宣言を政府として反対しないことを求める意見書(案)

は、共産党(4)と無所属議員(1)のみの賛成少数で否決

●さらなる患者負担増で受診抑制がおきないよう慎重な審議を行うことを求める意見書()

は、全会一致で可決しました。

 「核兵器の先制使用の意見書」について、公明党議員から「内容以前の問題として、事前に説明がなかったから、賛成できない」と本会議場で意見が出されました。

 議長は、公明党議員に「(本会議前の)議会運営委員会で、(公明党議員だけでなく全会派の議員が)事前に説明を受けている」と指摘してくれました。

さらに議長が提案者(大森)に対し、公明党議員の発言は質問ではないが、答弁があれば述べてくださいと言うので、「(公明党議員の発言は)議員として、それ以前の問題ではないか」と発言しました。

議場から笑い声が聞こえてきましたが、私の発言に文句や野次はありませんでした。

9月議会報告 駅で配布

JR新家駅で大森和夫議会報告を配布しました。

赤点軍団・あか抜けしたリーフ

 

プロ野球の広島カープが25年ぶりにリーグ優勝を決めました。広島カープは赤いヘルメットのように、赤がチームのシンボルカラーで、赤ヘル軍団と言われました。

一方、高校生の時、古典の先生がテストを返しながら「このクラスは赤ヘル軍団やなくて、赤点軍団や」と嬉しそうに言ったことを思い出します。当時、広島カープが強かった時代なので、この冗談も受けました。

このころ、「日本共産党が命がけで戦争に反対した」ことを知って感動しましたが、赤点軍団と一員として、「あか(日本共産党)」に近づいていたのかも、知れません。

ところが、大森リーフをみて、「垢(あか)抜けしてるなぁ」と言われました。このリーフは4年間の議員活動をまとめたものですが、「国民の困難のあるところ、日本共産党あり」の活動を紹介した「あか」抜けしていないものです。ぜひ お読みください。

やった全員当選・・和泉市議選

 
9月11日投開票の和泉市会議員選挙で共産党は3名が全員当選しました。

 10月23日は泉南市議選挙です。定数16名に21人が立候補を予定しています。

日本共産党は大森和夫(現)、和気信子(現)、楠しげあき(新)の3名が立候補を予定しています。引き続きご支援よろしくお願いします。

党と後援会の決起集会

泉南市議選(10月23日)の予定候補 大森和夫、和気信子、楠しげあきが挨拶を行いました。

私は、市長相手の丁々発止の議会質問も紹介し、共産党議員団の他にない役割を話しました。

たつみコータロー参院議員は、最初に北朝鮮の核実験を糾弾し、北東アジアの平和問題について話しました。

さらに、参院選挙で共産党の前進を力に、市民と野党の共同で政治を変えようと訴えがありました。

 

 

北朝鮮の核実験を糾弾する

 

北朝鮮の核実験を糾弾する

2016年9月9日  日本共産党幹部会委員長  志位和夫


 

一、北朝鮮は、本日、核実験を強行した。北朝鮮による核実験の強行は5回目であり、この間繰り返された弾道ミサイル発射とともに、世界の平和と安定にとっての重大な脅威であり、北朝鮮の核・ミサイル開発の放棄を求めた累次の国連安保理決議、6カ国協議の共同声明、日朝平壌宣言に違反する暴挙である。

 日本共産党は、この無法な暴挙をきびしく糾弾する。

一、3月3日に全会一致で採択された国連安保理決議は、北朝鮮の核実験と弾道ミサイル発射を「最も強い言葉で非難」し、制裁措置の強化を決定するとともに、「6カ国協議への支持を再確認し、その再開を呼びかけ、2005年9月の共同声明での誓約への支持を再表明する」とのべている。

 核・ミサイル開発を放棄させるため、北朝鮮を6カ国協議の対話のテーブルにつかせることは、いよいよ急務である。

 そのために、国際社会が一致結束して、制裁措置の全面的で厳格な実施とその強化を含め、政治的・外交的努力を抜本的に強めることを求める。

一、核武装強化の道を進むことは、いよいよ国際的孤立を深め、北朝鮮自身にとっても未来のない道であることを、強く指摘するものである。

Page 11 of 138« First...910111213203040...Last »